歯ぎしりについて

こんにちは🎄
歯科衛生士の畠山です。

朝起きるとなんだか顎が痛かったり、歯が痛んだり、肩こりや頭痛がひどかったり、なんてことはありませんか?

もしかするとその原因は「歯ぎしり」によるものかもしれません。

歯ぎしりとは?

睡眠時、無意識のうちに上下の歯をこすり合わせている状態を言います。

歯ぎしりは次にあげる3つに分けることができます。

① グラインディング(歯ぎしり)
上下の歯をこするタイプで、ギリギリと音が出ます。

② クレンチング(食いしばり)
歯を強くかみしめるタイプで、周りに気付かれる事が少ないです。

③ タッピング(上下歯列接触癖)
小刻みに上下にかみ合わせるタイプで、カチカチ音がします。

 
歯ぎしりの原因


歯ぎしりが起こる原因はいまだ完全には解明されていませんが、ストレスやかみ合わせなどから引き起こされていると言われています。

歯ぎしりをするとよくない理由🌪

①歯が欠けたり、割れたりしてしまう
②詰め物、被せ物がとれてしまう
③顎の関節が痛む
④肩凝り、頭痛がする

 
歯ぎしりから歯を守るために、緩衝材としてマウスピースを使用することをお勧めします✨
歯に加わる力を分散させることができ、歯やつめ物・かぶせ物が欠けたり割れたりするのを防ぐことができます。

また、顎関節症の改善や筋肉の緊張を解消する効果もあります。

保険治療可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

もうすぐでクリスマス🎅🎁
皆様にとって素敵な日になりますように🌙