正しいうがいの仕方

こんにちは!
歯科衛生士の畠山です。
皆さんお元気ですか?

私は地元が秋田県なのですが、コロナ禍なので2年程帰省できていないので寂しいです😢

今日は『ご自宅でできるウィルス感染予防について』ご紹介したいと思います。

普通の風邪のウィルスは接触感染が多いと言われていますが、
インフルエンザウィルスや新型コロナウィルスなどは飛沫感染です。

ウィルスはお口の中のプラークにも付着しますので、感染を防ぐためにうがいは効果的です。
尚、うがいはお口の中の悪い細菌を減らす効果もあります。

外出先で歯磨きができない環境の場合、うがいをするだけでも感染リスクの低下につながると言われています👏

そこで、『正しいうがいの仕方について』ご紹介致します。

※うがい薬をご使用の場合は、正しい濃度に薄めたうがい液を3度に分けてうがいをしましょう。
おちょこ一杯が目安です。

⭐️1回目のうがい
食べかすや、お口の中の有機物を取るためお口に含み、少ない量で強い水流を起こし全体のうがいをします。

⭐️2回目のうがい
上を向いて、のどの奥までうがい液が届くように 15 秒程度うがいをする
「あー」と発すると奥まで届きます

⭐️3回目のうがい
2度目と同様にうがい液が口の中からのどに十分に届くようにうがいをする

以上が『正しいうがいの仕方』になります。

既に習慣になっていらっしゃるかもしれませんが、より効果的なうがい 手洗いでお口の健康を守り、感染予防をしていきましょう!


T-falのクックフォーミーを手に入れました☺️
これでおうち時間楽しみたいとおもいます🌷